TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/17のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/14)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、週初からドルの上値の重い展開が続きました。
週後半には、日銀金融政策決定会合での現状維持を受けて
ドルは急落し一時103円58銭と2014年8月以来の安値をつけました。
その後、104円台は回復したものの上値の重い状況が続いています。
23日に英国のEU(欧州連合)からの離脱(BREXIT)是非を問う国民投票を控え
リスクを取りにくくなっていることが円買いに繋がり、
基本的には投票まで様子見ムードのなか円が底堅い動きを続けそうです。

一目均衡表を見ると、ドル売り・円買いの環境は続いており、
簡単には反転する兆しは見えません。

ただし、本日は朝方上方に窓を開けて104円後半でのスタートとなっています。
これは、英世論調査で欧州連合(EU)残留派の勢いに回復傾向が見られ、
ポンド/円が急伸したことが背景にあると指摘されます。
このように、英国国民投票への材料しだいでは
上下に大きく降らされて、相場が荒れる可能性があります。
英国の国民投票は日本時間24日午後に大勢が判明すると見られており、
それまでは慎重に相場を見極める必要がありそうです。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes