TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/6)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、107円台で方向感のない動きを続けました。
前日の海外市場でイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が、
講演で5月の米雇用統計は失望であり懸念されたが、
前向きな国内景気の勢いがマイナス要因を上回っており、
単月のデータを過度に重視すべきではないとし、時期は不透明ながら
連邦公開市場委員会(FOMC)が依然利上げ軌道にあるとの見方に
ドルは下支えされました。
ただし、108円台に上昇するには新たな材料が必要との指摘も多く、
上値も限られたものとなっています。

テクニカルで見ても、相場は収縮したボリンジャーバンドの中に納まっており、
相場の膠着感を示唆しています。
また、MACDを見ても、シグナルとともにゼロ近辺で交錯しており、
方向性が出ない状況になることがわかります。

本日も、107円台での小動きが続きそうですが、昨日の107円台後半からの
押し戻され方を見ると、ややドルの上値が重い展開が予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes