TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/17のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、一昨日の米連邦公開
市場委員会(FOMC)を受けた急落の反動や
日経平均株価が200円超上昇したことなどを
受けて一時112円96銭まで値を持ち直しました。
しかし、東京午後になると状況は一変し、日経
平均は上げ幅を縮小し、前営業日比でマイナ ス
圏に落ち込むとドルもじりじりと軟化していきました。

この流れで、ボリンジャーバンドを下抜けバンド
ウォークを形成しましたが、バンドの急拡大を伴うもの
ではなく大きな流れの中でのドル安と捉えられます。

海外時間に入ってもドル安の流れは続き、一時
110円67銭と約1年5カ月ぶりの安値をつけました。
しかし、この水準で日銀がレートチェックを実施
したとの噂に介入警戒感が広がったほか、予想を
上回った米1月JOLT求人指数や3月フィラデルフィア
連銀製造業景況指数を受けて、ショートカバーが
強まり、一気に112円00銭まで上昇しました。

この上昇でMACDが買い転換したことが確認できます。

その後、日銀はドル下落の背景にあった要因について
市場関係者にヒアリングしたもので、特にレートチェックは
行なっていないと伝えられ、介入警戒感が和らぎ再び
下落に転じ111円半ばまで押し戻されてNYを引けています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes