TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、アジアから欧州時間にかけて
米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やイエレン
連邦準備理事会(FRB)議長会見を前に様子見ムードが
強まり、113円半ば付近での小動きが続きました。

注目のFOMCでは、予想通り政策金利を据え置きましたが、
声明で米経済の緩やかな成長と「力強い雇用の伸び」を受けて、
今年再び利上げすることが可能としながらも、米国は世界
経済の不確実性に起因するリスクに引き続き直面している
との認識を示し、年内の利上げ見通しを4回から2回に引き
下げたことで、ドルは急落112円33銭の安値をつけました。

この急落で、一気にボリンジャーバンドの下抜けが
置き、短期的なバンドウォークが形成されました。

本日は112円台でのレンジ相場を続けながらも、
下方向を意識しやすい地合が見込まれます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes