TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/12/21のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/12/21のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方には121円10~30銭水準で推移していましたが、
株価が下落幅を広げたことで、121円割れを試す動きとなりました。
もっとも、午後にかけて株価が下げ幅を縮小すると、ドルも値を戻して一時121円
50銭まで上昇し、アジア時間は株価にらみの展開が続きそうとの指摘もありました。

海外時間に入ると、米国の11月シカゴ連銀全米活動指数がプラス転換
予想に反してマイナスとなったことやNY原油先物の下落が続いていることで
リスク回避的な動きが強まり、一時120円85銭まで下押す局面がありました。

この局面では、相場はボリンジャーバンドを下抜けましたが、
バンドウォークには繋がらず、一過性の動きとなっています。

ドルの下押しにも勢いはなく、NYの引けにかけては
121円台を回復する動きとなっています。

RSIを見ても、中立水準での横ばいとなっており、
明確な方向性を見出せない状況となっています。

本日も、株式市場をにらみながら、動きの乏しい展開が続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes