TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/12/18のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/12/18のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、週初に原油価格の下落を嫌気した
リスク回避のドル売りに一時120円35銭まで値を下げました。
しかし、米連邦公開市場委員会で(FOMC)の会合で9年半ぶりの
利上げが決定されたことや2016年に4回の利上げが実施されるとの
思惑が広がり、ドルは値を戻し122円台を回復する動きとなりました。

週末には、日銀の金融政策決定会合で、来年4月からETFの買い入れ枠で
新たに年3000億円の枠を設けることや長期国債買入れの平均残存
期間を、7-10年程度から来年は7年-12年程度に延長することを決め、
市場はこれらの措置を追加緩和と判断したことで、123円56銭まで
急騰しましたが、黒田総裁が記者会見で追加の金融緩和ではないと
述べたことで、ドルは反落し121円前半まで押し戻されて週を越えています。

テクニカルで見ると、FOMC後の上昇で先行スパンの雲を
上抜けたかに見えましたが、週末には再び雲の中に
押し戻されており、上値の重い転換が予想されます。
また、遅行スパンも陽転のチャンスを逃して売り環境が
続いており、ドル軟調な地合を示しています。

今週は、欧米投資家がクリスマス休暇に入り、取引が
閑散になってくることからもみあいが続くことが予想されます。
テクニカルではドルの上値が重い状況が続いているものの、
120円以下を売り込んでいく材料もなく、決定打にかける動きが続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes