テクニカルチャート大全

Williams %R

Williams%Rは、著名なトレーダーであるラリー・ウィリアムス氏によって考案されたオシレーター系のテクニカル指標でストキャスティクスの%Kに近いものです。また、短期売買用に考案されたオシレーター系分析で、特に逆張り派に多く利用されています。
一定期間の最高値と最安値からなる価格変動幅の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示し、%Rの値は、0~-100%の値を取り、価格が上昇傾向の時は0%近くで振動し、価格が下落傾向の時は100%近くで推移します。

Williams %Rの使い方

一般的には、%Rの数値が0%に近いほど高値警戒水準、-100%に近いほど下値警戒水準となります。
他のオシレーター分析と異なり、目盛りの読み方が逆転しているので注意が必要です。
目盛りは、0~-100までの数値で表され、-20%以上で売りのサイン、、-80%で買いのサインになります。
しかし、他のオシレーター分析よりも反応が敏感で、0%や100%といった数値をつけやすく、ダマシも多いので、他のテクニカル分析と併用するか、ガーベージトップ・ガーベージボトムを形成した後にそのレンジを抜いた地点を売買サインとする手法が有効といえます。

williams%R

ガーベージトップ・ガーベージボトム

・ガーベージトップ
%Rの数値が0%近辺に張り付いた動きをガーベージトップといい、ガーベージトップを形成した後、ハイラインを抜いた時、上昇から下降への反転のシグナルとなり「売り」サインとなります。

・ガーベージボトム
%Rの数値が-100%近辺に張り付いた動きをガーベージボトムといい、ガーベージボトムを形成した後にロウラインを抜いた時、下降から上昇への反転シグナルとなり「買い」サインとなります。

williams%R

Williams %R対応FX事業者

Williams %R計算式

%R=(設定期間の最高値 - 当日の終値)÷(設定期間の最高値 - 設定期間の最安値)×100(%)

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes