TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/8/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/8/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/08/06)(PDF)

●デイリーレポート
8月6日のドル/円相場は、111円前半での小動きとなりました。
日米通商協議を週後半に控え全般に動きが鈍っていると指摘されます。

欧州時間には、新興国通貨を含め全般にドルが買われたことにつられ、
ドル/円も上昇しましたが、高値は111円52銭止まりで、ボリンジャーバンド
上値抵抗となり反落する動きとなっています。

NY時間に入っても、週明けで主要な米経済指標の発表がなく、
円とドルを積極的に取引する材料に欠けたなか、米長期金利がやや低下したこともあり
111円30銭水準まで軟化してNYを引けています。

日足ベースで見ると、5月末の安値を起点としたサポートラインに支えられて推移しており、
現在111円水準が下値のめどとなります。

この水準を割り込むと、下押しが深くなる可能性もあり、注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes