TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/7/25のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/7/25のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/23)(PDF)

●デイリーレポート
7月25日のドル/円相場は、東京時間から欧州時間にかけては
トランプ米大統領とEUのユンケル欧州委員長の通商問題についての
会談を控え、111円前半での小動きが続きました。

NY時間に入ると、米通商政策の不透明感が根強く
リスク回避での円買いが進み、ドル/円は110円67銭まで下落しました。
この下落で、ボリンジャーバンドを下抜け、
不明確ながらもバンドウォークが形成されています。
ただし、RSIは安値を切り下げてはおらず、下値も詰まった形で、
その後の反発の可能性を示唆するものとなっていました。

その後、トランプ米大統領が米欧首脳会談後の記者会見で
「自動車以外の産業製品に対し、米国と欧州は関税ゼロ、非課税障壁ゼロに向けて協力する」
と述べたこと、通商問題について対話を続けることが合意されたことなどを受け、
貿易摩擦を巡る不透明感が後退しドルの買い戻しとなり、
111円を回復する動きとなりました。

110円台では、ドルの下値が堅いことを確認したもののドルの戻りも鈍く、
下値不安が解消されるにはまだ時間が必要となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes