TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/7/3のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/7/3のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/2)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京午前にドル買いが優勢となり、
一時111円14銭と5月22日以来1カ月半ぶり高値を更新しました。
しかし、その後にアジアの株式市場が軟調な動きとなると
ドルも反落110円後半での方向感のない取引に戻りました。

欧州勢が参入してくる時間に再びドルは高値を試し111円台を回復したものの、
111円12銭までで午前の高値を更新できませんでした。
二度の111円台への上昇では、ともにボリンジャーバンドを上抜けましたが、
バンドの拡大は伴わずバンドウォークの形成には至りませんでした。

その後、米国の独立記念日での休日を控えポジション調整が優勢となり
ドルは反落する動きとなり、NY時間では110円51銭の安値まで下落しました。
中国人民銀行の総裁が外為市場の最近の変動を注視しているとし、
人民元を安定的かつ妥当とされる水準に維持することを目指すと発言したことを受け、
対ドルでの人民元安が一服し、これが新興国通貨全般の買いや
ドル/円での円買い・ドル売りに波及したとの指摘もあります。

テクニカルで見ると、東京から欧州序盤まではMACDとシグナルが同じ水準で交錯しており
方向性がないことを示していましたが、欧州中盤に明確な売りサインに転じており、
その後のドル下落を示唆するものとなっています。

本日は米国が独立記念日で休みとなることから、
東京時間は模様眺めムードが強くなる可能性が指摘されています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes