TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/6/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/6/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/06/25)(PDF)

●デイリーレポート
6月27日のドル/円相場は、東京時間午前では本邦輸出企業のドル売りがドルを押し下げました。
米中貿易戦争懸念もドル売り要因となり、欧州序盤には109円68銭の安値を付けました。

しかし、その後に米国が中国企業による対米投資の制限案について、
米財務省などが管轄する対米外国投資委員会(CFIUS)を活用すると正式に表明し、
大統領権限による広範囲の中国による米テクノロジー企業への投資制限を探るとの見方も
あっただけに、市場ではトランプ大統領の強硬姿勢がやや和らいだと受け止められ
ドル買い戻し優勢で110円を回復する動きとなりました。
この上昇で、ボリンジャーバンドを上抜け、一時110円49銭の高値を付けましたが、
明確なバンドの拡大はなく、強いバンドウォークにはつながりませんでした。

一昨日から3度109円30銭台の下値トライを試したものの跳ね返されており、
昨日の安値はその水準まで達成せず下値を切り上げており、
109円半ばの底堅さを感じさせる動きとなっています。
ただし、上値も110円半ばを越えても滞空時間は長くなく、
明確な上昇もイメージできない状況です。

目先は、週末・月末を控えて110円台でのレンジ取引が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes