TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/6/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/6/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/06/18)(PDF)

●デイリーレポート
6月20日のドル/円相場は、110円前半での小動きながら、ドルの底堅い動きが続きました。
前日急落したアジア株も全般的に底 堅い動きとなったことや米10年国債利回りが
2.90%台に上昇してきたこともドルの支援材料となったと指摘されます。

米中貿易摩擦への警戒感は根強く、NY序盤に110円95銭まで下押し局面もありましたが、
その後は110円台を回復して、110円30銭台でNYを引けています。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がポルトガルのシントラで行われている欧州中央銀行
(ECB)年次フォーラムで、「米国経済は非常に良好、インフレもFRBの目標である2%に近づいた」、
「緩やかな利上げ継続の根拠が強い」とさらなる利上げを示唆したことがドル買い材料となりました。

テクニカルで見ると、NY終盤のドル上昇でボリンジャーバンドを抜けましたが、
バンドの拡大は一過性に終わっており、さらなる上値追いには慎重になる形です。
また、価格は東京時間の高値を上抜けていますが、RSIは高値更新できず、
この点でも安易なドル買いはリスクがありそうです。

米利上げ継続期待から本日もドルは底堅く推移するものと思われますが、
米中貿易摩擦家の件も根強く110円台でのレンジ取引が続く可能性が高いでしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes