TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/5/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/5/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/05/07)(PDF)

●デイリーレポート
5月7日のドル/円相場は、東京朝方はドルが軟調で、
一時108円76銭まで下押ししました。
しかし、午後にかけては、日経平均株価の下げ渋りに
歩調を合わせて持ち高調整を目的とした円売り・ドル買いが出て
109円台を回復、その後は方向感のない動きが続きました。

欧州時間に入っても、英国が休日ということもあり
大きな動きは見られませんでした。
NY時間序盤に昨日の高値109円40銭を付けたものの、
トランプ米大統領がイラン核合意に関する米国の方針を
ワシントン時間8日午後2時に発表することを明らかにすると
地政学的リスクへの警戒感が強まりドルは押し戻されて
109円を割り込み、109円10銭水準でNYを引けています。

テクニカルで見ても、明確な方向性を示唆するものがなく、
ボリンジャーバンドも概ね横ばいの動きとなっており、
109円台前半での動きが続く可能性が強いようです。

本日の日経新聞に、武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーを
約7兆円で買収することが掲載されており、この買収が正式に成立した場合は、
今後の円売り材料とされる可能性もあることから注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes