TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/4/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/4/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/04/16)(PDF)

●デイリーレポート
4月16日のドル/円相場は、前週末の英米仏軍のシリア攻撃でも
市場に大きなインパクトは見られず、107円前半から半ばの
狭いレンジ内を上下する展開となりました。
しかし、日米首脳会談を控えてドルを買い進む状況にはなく、
ドルの上値の重い印象の相場となりました。

海外時間に入っても、同様の動きが続き107円前半での狭い取引となりました。
3月の米小売売上高は前月比で4カ月ぶりに増加したものの、
市場への影響は限られたものとなっています。
その後、トランプ米大統領がロシアや中国を「通貨切り下げをしている」と
非難したことなどから、貿易摩擦懸念が再燃し、107円014銭の安値を付けました。

日米首脳会談で米国が円安をけん制するとの見方も残っており、
ドルの上値を抑える要因となっていると指摘されます。

テクニカルでは、昨日一貫してRSIが50を下回って推移しており、
ドルの上値の重いことを示唆していました。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes