TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/4/12のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/4/12のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/04/09)(PDF)

●デイリーレポート
4月12日のドル/円相場は、東京時間では106円台後半で
方向感のない小動きが続きました。
ただし、MACDを見ると、東京朝方には買い転換しており、
その後のドル上昇を示唆する形となっていました。

欧州時間後半にトランプ米大統領がツイッターでシリアへの軍事攻撃について
「いつ攻撃するか言ったことは一度もない」などと述べたことをきっかけに、
シリア情勢を巡る警戒感が後退したことを受け、
ドル買いが優勢となり107円を回復する動きとなりました。

この上昇では、ボリンジャーバンドの上抜けとバンドウォークの発生が確認できます。

NY時間に入ってもドル買いの流れは続き、一時107円43銭まで上昇しました。
しかし、NY後半では、米軍はシリアの8つの施設を攻撃目標としている、
という一部報道も伝わったこともあり、米国の最終決定はまだであり、
依然として中東情勢への注意は必要との見方からドルの上昇力も衰え
107円30銭水準でNYを引けています。

シリア情勢への懸念の後退で107円台を回復したものの、ここのところ
ドルの上値抵抗となっている107円50銭水準を上抜けることができていません。
本日は、この水準を抜くことができるかが注目されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes