TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/3/29のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/3/29のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/03/26)(PDF)

●デイリーレポート
3月29日のドル/円相場は、東京時間朝方に日経平均の上昇に歩調を合わせ
106円93銭まで上昇したものの、その後は利益確定売りに押されたほか、
日経平均が前営業日比マイナス圏に沈むと106円半ばまで押し戻されました。
この動きの中でMACDが売り転換しており、その後のドル下落を示唆する形となっていました。

欧州時間に入っても106円半ばでの方向感のない動きが続きました。
欧米勢はイースター休暇を前に様子見姿勢を強める展開となっていると指摘されます。

NY時間に入ると、取引序盤に発表された米新規失業保険申請件数(※1)が
21.5万件と市場予想を下回り、1973年1月以来の低水準となったものの、
市場への影響はなく106円半ばでの動きが続きました。
その後、3月のミシガン大消費者信頼感(確報値※2)が101.4と
市場予想や速報値から下振れしたことなどからドルは106円27銭まで
軟化しましたが、106円半ばまで戻してNYを引けています。
この下落局面で下方ボリンジャーバンドにタッチしていますが、
ブレイクには至らず、下値抵抗として機能していました。

イースター休暇を前に市場では手控えムードが強まっており、
本日も106円台で方向感のない動きが続きそうです。

※1.新規失業保険申請件数とは
新規失業保険申請数とは、失業した人が新しく失業保険給付を申請した数のこと。
失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数を集計するため、
米国の雇用情勢など景気の動きを表し、景気先行指数にも採用される。

※2. ミシガン大消費者信頼感(確報値)とは
ミシガン大消費者信頼感とは、ミシガン大学の調査研究センターが
アンケート調査を実施し、消費者マインドを指数化したもの。
1966年の数値を100として算出され、
月毎の振れ幅が大きいため、マーケットの注目度も高い。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes