TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/1/23のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/1/23のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/01/22)(PDF)

●デイリーレポート
1月23日のドル/円相場は、東京朝方は110円台後半で推移していましたが、
日銀金融政策決定会合で「日銀が予想物価上昇率の判断を上方修正した」との速報が流れると
海外ファンド勢が反応し、一時的に円買いとなり110円半ばまで円高が進みました。

この下落でボリンジャーバンドを下抜けましたが、
ヒゲにとどまり一過性の反応だったといえます。

その後、黒田総裁が会見で「出口戦略を検討する段階には至っていない」と
発言したことでドルは反発し111円台を回復する動きとなりました。

しかし、欧州時間に入ると米債利回りが低下基調で推移し、
米国株先物が一時マイナスに転じたこともあり、
ドル売りが優勢となり、再び111円を割れる展開となり、
さらにNY時間では1月のリッチモンド連銀製造業指数が+14と
市場予想を下振れたことで110円25銭まで売り込まれました。
トランプ政権によるセーフガードの発令など、米中間選挙を控え、
同政権が保護貿易主義に走るとの見方も
ドル売り要因となっているとの指摘もありました。

本日は、日本株も下落して始まる可能性が高く、
110円割れが回避されるのかどうかが焦点となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes