TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/12/4のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/12/4のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/12/04)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明けの東京は先週末のNYの引け値から
ジャンプアップして112円台後半でのスタートとなりました。
税制改革法案が米上院で可決したことを好感してのドル買いと
指摘され、一時11月17日以来の113円台回復となりました。

もっとも、ボリンジャーバンドのアッパーバンドに
タッチすることもできず、上昇の勢いは限定的でした。

欧州時間でも112円台後半で底堅い動きを続け、
NY時間序盤には113円09銭の高値を付けました。
しかし、その後は株高が一服したことや原油先物の
反落を意識してリスク選好的なドル買いはやや縮小しドルは
じりじりと軟化、112円37銭まで反落しNYを引けています。

MACDを見ると、NYの高値を付けた時点でシグナルとの
クロスの兆しがあり、ドル反転リスクを読み取ることができます。
昨日は、朝方からやや買い上げ過ぎた印象です。

米税制改革期待で米長期債利回りが上昇すると
思われたものの、頭打ちの状況が続いており、
目先上値を買い進む材料にも乏しいものと思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes