TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/11/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/11/17のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/11/13)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、
東京朝方を高値にじりじりと値を下げる動きとなりました。
前日に米紙ウォールストリート・ジャーナルが「ロシアの米大統領選挙への
干渉疑惑を捜査しているモラー特別検察官が、トランプ氏の陣営に対し、
文書の提出を求める召喚状を出した。」と報道したことで、トランプ政権の
政策実行が一段と不安定化するとの懸念が強まりドル売りが強まりました。

この下落でボリンジャーバンドの下抜けと
小さなバンドウォークが形成されたことが確認できます。
ただし、バンドウォークの動きは短期に収束し、その後、
欧州時間中盤までは112円台半ばでの持ち合いとなっています。

NY時間に入ると、11月のカンザスシティ製造業活動指数が
+16と市場予想を下回り、3カ月ぶりの低水準となったことや、
米議会上院の税制改革案可決は容易ではないとの懸念が
さらに強くなったことから一段とドル売りが強まり、
一時111円95銭まで下落する動きとなりました。

ただし、先週末の動きでは価格は下落を続けたものの、
RSIは最低水準での横ばいを続けており、
ダイバージェンスを形成していることから、
いつ短期的な反発が見られてもおかしくない状況にあります。

今週は、週後半の23日は米国が感謝祭、日本が勤労感謝の日で、
両国金融市場は休場、また翌24日も米国株式・商品市場は短縮取引となり、
全般に週末に向け様子見姿勢が強まりポジション調整の動きが
相場への影響を強める可能性もありそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes