TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/10/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/10/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/10/23)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、東京時間では114円台前半で方向感のない動きが続きました。
前日の欧州中央銀行(ECB)理事会後に進んだユーロ安は
東京時間に入っても止まらず 、ユーロ/ドルは3カ月ぶり安値まで下落、
ユーロ/円も上値を抑えられたことがドル/円にも波及し、
欧州時間序盤には114円を割り込む局面もありました。

NY時間に入ると、序盤に発表された第3四半期の米GDPが
前期比年率3.0%増と市場予想を上回り、前期並みの水準を記録し、
個人消費は同2.4%増と前期から鈍化したものの市場予想を上振れたことで、
発表後にドルが上昇し114円45銭の高値をつけました。

この上昇でボリンジャーバンドを上抜けたものの、
ヒゲだけの上抜きに終わり、上値が重いことを確認しました。
また、価格は東京時間の高値を更新したものの、MACDは下落を
続けており、その後のドル下落を示唆する形となっていました。

NY時間中盤に入ると、一部メディアは関係者の話としてトランプ米大統領が
次期FRB議長にパウエル氏指名に傾いていると報道し、これを受けて
米債利回りは低下、ドルも下落し113円65銭まで下落する展開となりました。

今週は、週明け113円台後半で上値の重いスタートとなっていますが、
米国の税制改革案やFRB議長の人事を材料に乱高下する可能性もあり、注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes