TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/10/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/10/26のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/10/23)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方から前日の海外市場でドルが売られた
流れを引き継ぎ113円台前半での上値の重い動きとなりました。
ポジション調整の流れのなか、一時113円34銭の安値をつけましたが、
ドルの下値も堅く、その後反発する動きとなりました。

このドル下落局面でボリンジャーバンドにタッチしにいく動きもありましたが、
バンドが下値抵抗となり、トレンドにつながらなかったことが確認できます。

欧州時間に入ると、ドルの買戻しが優勢となり
113円ミドルを抜け113円後半での攻防となりました。
MACDを見ると、欧州時間にはすでに買い転換しており、
その後のドル上昇を示唆する形となっていたことがわかります。

NY時間に入ると、米国の9月卸売在庫や9月中古住宅販売成約指数が
市場予想を下回ったことを嫌気して113円62銭まで押し戻されましたが、
その後発表された10月のカンザスシティ連銀製造業活動指数が
市場予想を大きく上回り、2011年3月以来の高水準を記録したことで
ドルは反発し114円台を回復する動きとなりました。

欧州中央銀行(ECB)理事会では、市場予想通り政策金利など
主要金利をすべて据え置き、ただし債券購入は2018年9月末まで
延長する一方、月額の購入額を300億ユーロに縮小すると発表、
必要であれば債券購入の規模や期間を拡大する選択肢を残すとしました。
これを受けてユーロは急落する展開となりました。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes