TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/10/5のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/10/5のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/10/02)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では112円台後半で膠着した動きが続きました。
その後、欧州時間に入ると、一部メディアが保守党議員から英メイ首相に辞任を
求める声が出ていると報道したことを受け、英ポンド売りが強まり英ポンド/円の
売りがドル/円にも波及してドルは一時112円41銭の安値をつけました。
本日発表の米雇用統計を前にしたポジション調整のドル売りの影響もあった模様です。

この下落で、ボリンジャーバンドを下抜けましたが、
バンドの拡大は伴わず一過性の動きに終わっています。

NY時間では、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁が一部メディアとのインタビューで
12月の利上げを予想していると発言、さらにサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が
講演で失業率は4%をやや下回る水準に低下するとの見方を示し、インフレは2%に向かい、
FRBの利上げを可能にすると発言したことで、年内追加利上げ観測を受けた
ドル買いが強まり112円88銭まで値を戻す動きとなりました。

本日も米雇用統計発表を控え、動きにくい展開が予想されます。
米雇用統計については、ハリケーンの悪影響が懸念されており、
弱い内容を見込む向きも多く、逆に強き内容であった場合は
ポジティブサプライズとなりドル買いで反応するとの指摘も出ています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes