TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/9/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/9/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/09/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間はトランプ米大統領が公表予定の税制改革案への
思惑などもあり、ドルは底堅い動きながらも112円前半での小動きが続きました。

欧州時間に入ると、米税制改革への期待感が強まり113円近辺まで上昇する動きとなりました。

この上昇でボリンジャーバンドを上抜け、アッパーバンドに絡んで動いたものの、
ロアーバンドの拡大は続かず明確なバンドウォークにはなりませんでした。

NY時間に入ると、8月の米耐久財受注が前月比1.7%増、GDP算出に用いられる
コア資本財出荷が同0.7%増と、いずれも市場予想を上回る強い内容だったことを受け、
ドル買いが強まり、一時113円26銭の高値をつけました。

しかし、NY中盤で発表された8月の米中古住宅販売成約指数が前年比-3.1%と
市場予想上回る低下となると、一転ドル売りの流れとなり112円38銭まで下落しました。

この急速な下落を受けて、MACDが売り転換していることが確認できます。

NY時間では、112円台前半まで反落したものの、112円80銭水準まで値を戻して引けており、
ドルは底堅い印象を残しています。

一部米系メディアは、米政府高官の発言として、トランプ大統領が発表する税制改革では
現在35%の法人税率を20%に引き下げることを、所得税減税とともに盛り込むと報道しており、
これもドル下支えの材料となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes