TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/9/12のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/9/12のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/09/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は109円台前半での小動きが続きました。
国連の安全保障理事会が採決した北朝鮮に対する追加制裁が
当初伝わった案に比べて強行的な内容でなくなったことから、
リスク回避姿勢が後退し、ドルは底堅く推移したものの、
ドルの上値を買い上げる勢いはありませんでした。

欧州時間に入ると、市場のリスク回避姿勢の
後退を背景としたドルの買戻しの流れが強まり、
米債利回りの上昇にともに109円台後半へ上昇しました。

さらにNY時間に入ると、7月の米求人件数は617万件と
市場予想を大きく上回り、過去最高を更新したことを受け、
ドルは110円台を回復する動きとなりました。
また、NY後半ではムニューシン米財務長官が
年内の米国の税制改革実施を再公約したことが
好感され、110円25銭の高値をつけました。

テクニカルで見ると、価格とRSIでダイバージェンスが見られ、
またMACDはシグナルとの交錯を続けています。
これはともに、相場が天井圏にあることを暗示するものであり、
短期反落のリスクが示唆されていますが、相場にトレンドが発生した場合は、
RSIが天井圏に張り付きながらも価格が上伸することは良く見られる
現象であり、安易な逆張りのドル売りには慎重となります。

また、北朝鮮が新たな軍事行動をとる可能性は否定できず、
現状のドル上昇は北朝鮮リスクへの過度な反応の修正と考えたほうが良いでしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes