TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/9/11のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/9/11のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/09/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、懸念されていた9日の
北朝鮮による挑発行為が起きなかったことを好感して、
先週末の売り込んだドルの買戻しが先行する動きとなりました。
先週末のNYの引けから大幅なドル高で始まり、
一時108円半ばまで上昇する動きとなりました。
ただし、過度なリスク回避ムードは後退したものの、
国連による対北朝鮮追加制裁決議の動向が不透明で、
ドル買いも続かず東京時間では108円台前半での動きが続きました。

欧州時間に入ると、国連安保理で米国が北朝鮮制裁決議で
譲歩する内容を提案するとの観測報道が伝わり、大型ハリケーン
「イルマ」の被害が予想ほど大きくならないとの見方も浮上したことから
ドル買いの動きが強まり108円台後半へと上昇しました。

さらにNY時間に入ると、米経済指標の発表がなく材料難のなか、
ドルの買戻しの動きが続き、一時109円51銭と9月5日依頼の高値をつけました。

テクニカルで見ると、MACDは先週末のNY時間に買い転換し、
その後も買いサインを続けており、RSIも先週から
上昇基調となってドルをサポートしています。
ただし、RSIは水準的には十分買われ過ぎており、
短期的な反落リスクを示唆しています。

国連安保理では、米国が当初主張していた強硬的な制裁案を
撤回したことで、北朝鮮情勢の緊張が緩和したとの見方が
広まったものの、北朝鮮が再び挑発行為を強める可能性もあり、
北朝鮮リスクは今後もドルの上値を抑える要因といえます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes