TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/8/14のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/8/14のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/08/14)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、先週末108円台まで突っ込んだものの
下値が堅く跳ね返された反動から、ドルの買戻しが先行する動きとなりました。

東京時間朝方にはボリンジャーバンドを上抜け、
強いバンドウォークを形成しながら欧州時間半ばまで
ドルは上昇し、109円80銭の高値をつけました。

その後は、新規材料もなくドルの上値追いにも
勢いがなくなり、109円40銭水準まで下押しました。
この下落でMACDは売り転換していることが確認できます。

しかし、NY時間に入るとNY連銀のダドリー総裁が
一部メディアとのインタビューで9月にFRBがバランスシートの
縮小開始を見込むのは不合理ではないと発言、またインフレは
やや高めに推移し、年内の追加利上げは支持されるとの見方を
示したとの報道が伝わると、ドルは再び上昇し109円75銭をつけました。

ドル/円は108円割れを回避できたものの、現状では110円が
上値の壁となっており、一段の上昇も難しいムードです。
また、本日は北朝鮮の祖国解放記念日に当たり、
挑発行動への警戒感はくすぶっており、
これもドルの上値を重くする要因となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes