TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/7/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/7/13のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/10)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間朝方に113円53銭の高値をつけたものの、
その後はドルの上値が重く、欧州時間にかけて113円を挟んだ値動きが続きました。

この間ボリンジャーバンドを下抜けた局面もありましたが、
バンドウォークには繋がらず、またMACDも売り転換の兆しが出たものの
転換にはいたらず、ドルの下値も堅いことが示唆されていました。

NY時間に入ると、FRBイエレン議長が上院銀行委員会で証言し、
「インフレを非常に注意深く見守っており、労働市場はかなり引き締まっている」と指摘、
「賃金上昇圧力が高まる可能性があり、基調的なインフレトレンドが2%を
大きく下回っていると結論付けるには時期尚早である」と指摘しました。
また同議長は「バランスシートの縮小で市場を動揺させたくはない」としながらも、
「保有資産の縮小はゆっくりと段階的に実施する計画である」と説明し、
前日と比較して、金融政策の正常化プロセスについて前向きな姿勢を強調しました。

この証言を受けて米国債利回りは上昇し、ドル/円は113円47銭の高値をつけています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes