TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/6/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/06/26)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は朝方からドルじり高の動きとなり、
投機筋から仕掛け的なドル買いが出て節目の112円を突破すると、
5月24日以来の高値となる112円07銭まで上値を伸ばしました。

しかし、ボリンジャーバンドを上抜けることが出来ず、
その後は実需筋のドル売りが上値を抑えて伸び悩み、
111円台後半に押し返されました。

欧州時間に入ると、欧州株が下落でスタートし、
米10年債利回りが2.12%台に低下すると111円46銭まで下押ししました。
その後、ECBドラギ総裁がECBフォーラムでの冒頭の挨拶で、
インフレを抑制する要素の大半は一時的なものであるとの
認識を示し、デフレ圧力はリフレの力に置き換わったとも述べ、
インフレに対する見方をやや変えたことを示唆した。
これを受けて、ユーロが全面的に急騰し、ユーロ/円も急騰、
これにつられてドル/円も値を戻す動きとなり111円台後半を回復しました。

NY時間に入ると、6月の米消費者信頼感が118.9と市場予想に反し
前月から上昇、同時に発表された6月のリッチモンド連銀製造指数も
+7と市場予想や前月を上回ったことで、さらにドル買いが強まり、
一時112円47銭の高値をつけました。

注目されていたイエレン米FRB議長のロンドンでの講演では、
「FRBが目標を達成するには、金利を非常に緩やかなペースで
引き上げていくのが適切になる」との考えをあらためて表明したものの、
目新しさはなくマーケットへの影響は限定的でした。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes