TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/6/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/06/19)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、前日のNY連銀のダドリー総裁の
タカ派的な発言を手掛かりにドル買いが進んだ流れを受けて、
朝方からドル堅調な動きで、111円77銭の高値をつけました。
ただし、その後は材料不足のなか111円50~70銭での小動きが続きました。

MACDを見ると、東京昼過ぎに売り転換しており、
その後のドル軟調な展開が示唆されていました。

欧州時間に入ると、一時111円79銭をつける局面があったものの、
111円台後半ではドルの上値も重く、じりじりと軟化し111円31銭の安値をつけました。

NY時間に入ると、シカゴ連銀のエバンス総裁が米系TVに出演し、
インフレ関連データに多少懸念はあるものの、12月まで待って判断することは
可能だと発言したことを受けてドル買いとなり111円73銭まで上昇しました。
ただし、ドル買いの流れは続かず、じりじりと押し戻されて
111円40銭近辺でNYを引けています。

NY終盤の下落でボリンジャーバンドをタッチしたものの、
バンドウォークには繋がらず、ドル売りにも勢いがないことが示されています。

昨日は、上下動したものの値幅は50銭未満にとどまっており、動意にかける動きが続きました。
本日も同様に、材料不足のなか111円台での小動きが続く可能性が高いように思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes