TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/6/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/06/05)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は英総選挙やコミー米連邦捜査局
(FBI )前長官の公聴会、欧州中央銀行(ECB)理事会などのイベントを前に、
様子見ムードが強く109円半ばで方向感なく推移しました。

欧州勢が参入する時間になると、ドルは再び売り圧力を強め、
一時109円12銭の安値まで下落しました。

しかし、この下落で価格は東京時間の安値を抜けたものの、
RSIは切り上がっておりダイバージェンスを示し、
海外時間でのドル反発を示唆する形となっていました。

その後は、さらにドルを売り込んでいくことが出来ずに、
再び109円半ばへ反発し、NY時間に入っても同水準での取引が続きました。
NY時間の午後にコミー前FBI長官の議会証言の事前テキストが伝わり、
「トランプ大統領は忠誠を要求し、フリン氏の捜査終了を希望した」と、
あくまで違法な圧力ではなく、要望という点が好感されドルの買い戻しに繋がりました。
ドルはNY引けにかけて109円88銭まで値を戻しています。

この流れで、ボリンジャーバンドを上抜けましたが、
一過性の動きにとどまっています。

本日は、英国総選挙やECB理事会が行われるため、
ユーロや英ポンドの波乱の可能性があり、
それがどう円相場へ影響するのかを見極めたいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes