TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/5/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/5/26のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/05/22)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、じりじりとドルが値を下げる動きとなりました。
東京時間朝方は、実需勢のドル買いもあり111円台後半で底堅く推移したものの、
日経平均が軟調になると、それにつられ111円台前半まで軟化する動きとなりました。

さらに、東京午後から欧州時間にかけては、
ドル売り圧力が強まり111円を割れ、110円88銭の安値をつけました。

このドル下落で、ボリンジャーバンドを下抜け、
バンドウォークが形成されていることが確認できます。

しかし、NY時間に入ると、第1四半期の米GDP(改定値)が
前期比年率1.2%増と市場予想や速報値を上回る伸びとなり、
ドルはショートカバー先行の動きで111円台を回復しました。
NY時間では111円43銭まで値を戻し、111円30銭水準で引けています。

日足チャートを見ると、一目均衡表では、転換線が基準線を下回り、
遅行スパンがローソク足下抜くリスクが高い様に見えます。
相場水準も先行スパンの雲のなかにあり、ドル下落トレンドへの
転換が懸念される形状といえ、注意が必要でしょう。

ただし、本日は、米・英が休場のため、
模様眺めで膠着した相場となる可能性が高いように思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes