TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/3/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明けの朝方111円近辺で
スタートしたものの、その後はじりじりと軟化する動きとなりました。
先週末のトランプ米大統領の医療保険制度改革(オバマケア)代替法案
撤回を受けて、米政権運営の先行き不透明感が意識されたと指摘されます。
また、日本株の下落もドル安要因として意識されていました。

テクニカルでは、朝方の下落でボリンジャーバンドの下抜けと
バンドウォークの形成が見られますが、RSIは横ばいとなっており
110円台前半での底堅さが意識されます。

欧州時間に入る、ドルが反発する局面もありましたが
戻りは鈍く、NY時間には110円11銭の安値まで下落しました。
しかし、その後NYダウが下げ幅を縮めたことや、米長期債利回りが
小幅ながら上昇したこともあり、ドルはじわじわと上がり、
ドル円は110円後半まで値を戻してNYを引けています。

MACDがNY時間のドルの底打ちに先駆けて買い転換しており、
NY午後のドル上昇を支持する形となっていることがわかります。

トランプ政権下での財政改革に対する期待が後退したものの、
足元の米景気は底堅く、FRBは利上げ継続の姿勢を変えていないことから
ドルの下値を売り込んでいくことが難しいことを確認しました。
しかし、ドルを買い上げていくだけの新たな材料は無く、
本日も110円台後半の方向感のない動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes