TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/15のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/15のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/3/13)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間から欧州時間にかけては、
米FOMC待ちの様子見姿勢が強く114円台後半での
方向感のない小動きが続きました。

テクニカルで見ても、ボリンジャーバンドが縮小し、
相場の動きがその範囲内となっていることやMACD
シグナルともにゼロ水準で交錯していることから、
方向感なく動きにくい状況が示されています。

注目のFOMCでは、市場の予想通りFFレートの誘導目標が
25bp引き上げられ0.75~1.00%となったものの、全会一致ではなく、
金利据え置きを主張した反対票が1票投じられたことや、
一部で期待されていたドットプロットでの利上げ回数見込の
上方修正が見送られたことなどを受け、米債利回りが急低下し、
ドルも大きく売られ、ドル/円は一時113円18銭まで下落しました。
この下落で、相場はボリンジャーバンドを一気にした抜き、
MACDも大きく下落しました。

ただし、昨年12月の利上げ時に比べれば、
FRBイエレン議長の米経済に対する見方はより強気なったと感じられ、
今回のドル急落は、一部投機筋の利上げペースに関する行き過ぎた期待が
剥落したためと考えられ、一段の下値追いの可能性は低いように思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes