TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、アジアから欧州時間にかけては
手がかり材料に乏しく、トランプ米大統領の議会演説待ちで、
ポジションが偏りにくい方向感のない動きが続きました。

NY時間に入ると、1月の米中古住宅販売制約指数が
前月比-2.8%と市場予想に反し昨年5月以来の大幅マイナスとなり、
これを嫌気してドルは111円96銭まで下落しました。
この下落でボリンジャーバンドを下抜けたものの、
ヒゲだけのブレイクとなり一過性の動きでした。
また、MACDが売り転換の兆しを見せたものの、
これも騙しに終わり、ドルの下値が底堅いことが示唆されています。

その後、2017年FOMC投票権を有するカプラン米ダラス連銀総裁が
「利上げを先送りさせるよりも速やかに実施すべき」との見解を示したことが
伝わると、3月連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測が強まり、
ドル/円も112円84銭まで値を戻し、ほぼ高値圏でNYを引けています。

この上昇で、ボリンジャーバンドを大きく上抜いたものの、
きれいなバンドウォークの形成とは言えず、
明確な方向感がない動きが続いています。

本日のトランプ大統領の議会演説に対する期待感は根強いものの、
財政に関し具体的な言及を期待するのは難しいと思われ、
どこまで市場の期待感を維持できるかが注目されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes