TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/10のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/6)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、日米首脳会談で円安がけん制されるとの懸念や
ユーロ圏の政治的な先行き不透明感を嫌気したユーロ/円の急落にもつられ、
ドルは約2ヶ月ぶりの安値となる111円59銭まで下落しました。
しかし、この水準では下値も堅く、その後は日米首脳会談を控え
概ね112円を挟んだ推移が続きました。
週後半では、にトランプ大統領による「向こう数週間以内に、
驚くべき税制改革案を発表する」との発言が報じられると、
大幅減税への期待感が再燃し、株価が史上最高値を更新し、
ドルも113円台前半まで急反発しました。
さらに、金曜日のNY時間では日米首脳会談後の記者会見で、
為替・貿易に対する対日強硬発言もなく無難なものとなったことで
市場の安心感が広がり、113円台後半の水準を維持して週を越えています。

テクニカルで見ると、まだ一目均衡表の先行スパンの雲の中を
推移しており、明確な方向性が見えない状況が続いています。
ただし、現状水準を維持できると、来週にかけては遅行スパンが
買い転換する可能性が示唆されており、ドルの底打ち期待が高まります。
また、RSIを見ても先週は価格が安値を更新したものの、
RSIは切り上げっており反発が期待される形となっています。

今週は、トランプ政権による大規模減税などの税制改革への期待から、
ドル買いが継続することが予想されるものの、その政策の内容次第の面もあり、
結局はトランプ大統領に市場が振り回される展開がまだしばらく続くといえそうです。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXブロードネット
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes