TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/13のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/13)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明けの東京市場で日米首脳会談の
結果を好感したドル買いが先行し114円17銭まで上昇しました。

この上昇では、ボリンジャーバンドを上抜けましたが
バンドウォークは形成されず一過性の上昇に終わっています。

その後は、113円台後半で方向感のない動きが続き、
NY市場でトランプ米政権の大幅減税に期待したドル買いにより、
再度114円を上抜けたものの勢いはなく、NY午後にトランプ米大統領が
カナダのトルドー首相との会合で、「近い将来、貿易に関して綿密に取り組む」
「貿易に関して新たなことが起こる」と発言したことを受けて
懸念が再燃し113円56銭まで反落しました。

昨日は、米国で主だった経済指標の発表がなく材料難のなか、
米国株は続伸となり、米景気の先行き期待の根強さを示したことで
ドルの下値は底堅く推移しました。

しかし、テクニカルで見ると、MACDとシグナルが交錯しながらも
右下がりとなっており、ドルの上値の重さを感じる形となっています。
また、ボリンジャーバンドも収束しつつあり、本日の東京市場では
昨日同様113円台後半での方向感のない動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes