TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/1のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/1/30)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は日本株の上昇に支えられる形で
ドルもじりじり値を戻す動きとなり、113円台を回復しました。
しかし、トランプ大統領の円安けん制発言を受けてドルの上値の重さが
意識され積極的に買い上がっていける感じにはなりませんでした。

MACDを見ると、東京スタート時には買い転換しており
その後のドル上昇を先取りしていたことがわかります。

NY時間では、月の米ADP雇用統計が民間雇用者数24.6万人増と
市場予想を大きく上回り、7カ月ぶりの高水準となったことや、
1月の米ISM製造業景況指数は56.0と市場予想を上触れたことを
好感してドル買いとなり、一時113円95銭まで上昇しました。

この上昇で、ボリンジャーバンドの上抜けを示現したものの
バンドウォークには繋がらず、上昇の勢いも強くないことが示唆されています。

その後、注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合では
予想通りの政策金利の据え置きが決定され、景気やインフレ判断は
前回と変化なく、期待されていた3月利上げの示唆はなかったことから、
ドル買いは後退し113円台を割れる動きとなりNYを引けています。

米ADP雇用統計が好結果となったことで、週末の米雇用統計に対する
期待も高まっており、ドルの下値は限られたものとなりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

</td

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes