TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/30のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/30のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/1/30)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明けの朝方こそ114円台後半で高く始まったものの、
その後は日本株の下押しを嫌気して値を下げる動きとなりました。
中国が旧正月の休暇で市場参加者が少なかったことも、
模様眺めムードを強め調整の動きにつながったとの指摘もあります。

欧州時間では、特段の材料の無いなか
ドルは値を戻し114円台後半を回復しました。
しかし、115円の壁は厚く、その後は反落する動きとなりました。

この欧州時間の戻しでMACDが買い転換しかけたものの
騙しに終わっていることが確認できます。
MACDで転換のだましが出た場合は、逆方向への動きが
加速することも多く、NY時間のドル下落を先取りした形となっています。

NY時間では、12月の中古住宅販売制約指数が前月比1.6%増、
1月のダラス連銀製造業活動指数は+22.1といずれも市場予想を
上回ったものの、下げて始まった米国株が下げ幅を広げたことで、
ドル売りの動きは加速し、113円45銭まで下落する展開となりました。
トランプ大統領がイスラム圏7カ国の市民の米入国を一時停止する
大統領令に署名したことが、市場のリスク回避姿勢を強め、
米国株やドルの下押し要因となったとの声も聞かれました。

ただし、この水準からさらに下攻めすることは難しいと思われ、
本日東京では下値固めの動きが期待されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes