TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/27のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/1/23)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、週初はトランプ米大統領がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)
から離脱する大統領令に署名したことで保護主義的な政策への懸念や
ムニューチン次期米財務長官が「過度に強いドルは短期的にマイナス」と
発言したことからドル売りが強まり、122円53銭まで下落しました。

しかしその後、同大統領がパイプラインの建設プロジェクトを
推進させる2つの大統領令に署名したことや、NYダウが史上初めて
2万ドルの大台に上昇したことが材料視され、ドルを買い戻す動きが強まり、
週末には1月のミシガン大消費者信頼感指数確報値が市場予想を
上回る高い水準となったことや、米国とメキシコの関係改善への
期待が浮上したことから、リスク回避的なドル売りは縮小し、
ドルは115円台まで値を戻して週を越えています。

テクニカルで見ると、112円台半ばをそことした
ダブルボトムが形成されつつあるように見えますが、
ダブルボトム完成で目先底打ちを確認するためには
115円後半をクリアーに抜ける必要があるでしょう。

一目均衡表では、相場はまだ先行スパンの
雲の中にいるため、方向感が見えない状態です。
また、遅行スパンとローソク足の相関を見ると、
今週は持ち合う可能性が高いようにも見えます。

米トランプ政権の政策内容は明らかになりつつあり、
雇用拡大への期待は高まっているものの、
通商問題などで市場関係者の警戒感は残されており、
先行き不透明感が払拭されません。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXブロードネット
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes