TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/23のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/23のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/1/23)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明けの朝方こそ114円台でスタートしたものの、
その後はじりじりとドルが軟化する動きとなりました。
20日のトランプ氏の大統領就任演説に具体的な財政政策への
言及がなかった一方、保護主義的な側面が強調されたことで、
マーケットの警戒感が高まったと指摘されます。

この流れで、ボリンジャーバンド下抜けとバンドウォークの動きが確認できます。

欧州時間からNY時間の初めでは、ドルの下押しも一服し
113円台半ばでの方向感のない動きが続きましたが、
その後一部メディアがトランプ米大統領が企業トップとの
朝食会で非常に大規模な減税や規制緩和を実行すると述べたと
報道したことを受けてドルは急反発し114円近辺へ上昇しました。
ただし、この動きも一過性のものにとどまり、
ドルはすぐに反落113円を割り込む動きとなりました。
さらに、NY引け後にムニューチン次期財務長官が
過度に強いドルは短期的にマイナスと述べたと報道が
伝えられると112円52銭までドルは下落しています。

MACDを見ると低位で交錯しており、ドルの軟調な地合が示唆されています。

トランプ政権下での景気加速期待が後退してきており、
本日もドルの上値の重い動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes