TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/20のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/1/16)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、トランプ次期大統領が人民元に対して
ドルが強すぎるとドル高をけん制したことや、次期政権の保護主義的な
通商政策は経済に悪影響を及ぼすとの懸念が浮上し、
ドルは一時112円57銭まで下落しました。

しかし、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演で
「雇用は最大、インフレは2%の目標に近づいている」、
「自身やFOMCメンバーは年2、3回の利上げを予想している」と
追加利上げに前向きな考えが示されたことを受けて
ドルは反発し、一時115円62銭まで値を戻しました。

その後、週末に向けては、トランプ新大統領の就任式を控えて
ポジション調整的な取引が主体となり、114円台で方向感のない取引となりました。

テクニカルで見ると、先週のドル下落で一目均衡表では、
転換線が基準線を下抜き、また遅行スパンが陰転していることが確認できます。
昨年末からのトランプ・ラリーが終結したことが示唆されています。
ただし、現状では厚い先行スパンの雲が下値に控えており、
これを下抜けるまでは本格的な反転とは言いがたく、
また現状水準を維持していけば、来月には再び遅行スパンの
要点も考えられ、明確な方向感を決め打ちしにくい形と言えます。

当面は114円台を中心に米新政権の政策を見極めながら、
方向性を探る展開が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXブロードネット
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes