TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/12/8のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/12/8のドル円相場の考察

昨日のユーロ/ドル相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/12/5)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のユーロ/ドル相場は、東京時間はアジア時では、
欧州中央銀行(ECB)の金融政策決定を控えて
1.07ドル台半ばで模様眺めムードの強い動きとなりました。

欧州時間に入ると、ECB理事会の結果発表を控え、
テーパリング実施期待から、ユーロは買い優勢となり1.08ドルを回復しました。
ECB理事会では、市場予想通り政策金利を据え置きとし、債券買い入れ策は
2017年12月まで9カ月延長される一方、購入額は17年4月以降、
月額800億ユーロから600億ユーロに減額することを決定しました。

これを受けて、発表直後にはユーロは1.0870ドル水準まで
急上昇しましたが、その後は一転してユーロ売りが先行し、
1.07ドル台半ば近辺に下落するという荒い動きとなりました。

さらにドラギECB総裁の会見で本日の理事会では
テーパリングについては議論されておらず、質疑応答では
テーパリングが視野に入っていないと明言したことが伝わると、
ユーロは一段安となり、1.06ドルを割り込む動きとなりました。

テクニカルで見ると、ECB結果発表直後の上昇で
ボリンジャーバンドを上抜けたものの、騙しに終わっており、その後の
下落時に下方向のバンドウォークが示現していることが確認できます。
材料による大きな振れで、テクニカルチャートが翻弄された動きといえるでしょう。

※チャートは、ユーロ/ドルの1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes