TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/11/28のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/11/28のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/11/28)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明け113円台でスタートしたものの、米大統領選後の
急上昇に調整が入り東京時間午前中には111円35銭まで値を下げました。
今後、石油輸出国機構(OPEC)総会や米雇用統計、イタリア国民投票などの
イベントが控えて投機筋による利益確定売りが先行したと指摘されます。

この下落で、ボリンジャーバンドを大きくした抜けしたものの、
下押し圧力は短期にとどまり、バンドの拡大は続きませんでした。

その後は、ドルが買い戻される動きが強まり、欧州時間には112円を回復、
NY時間スタート前には112円75銭の高値をつけました。
この上昇に先駆けて、MACDが買い転換していることが確認できます。

NY時間が始まると、米国株が下げて始まったことを嫌気して
ドルも軟化し、 米債利回りの上昇が頭打ちとなったことが確認されると、
再び112円を割り込む動きとなり、112円を挟む動きでNYを引けています。

NY引けにかけては、MACDが再び売り転換しており、
本日の東京時間でもドルの上値が重い動きから始まりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes