TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/11/25のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/11/25のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/11/7)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、前週の流れを引き継ぎ、終始ドルが堅調な地合を続けました。
トランプ次期政権下でインフレが進行し、米長期金利は大幅に上昇するとの
思惑が広がっていることや、米国株が過去最高値を更新したことを好感した
ドル買いなどにより、一時113円90銭の高値をつけました。
ただし、週末には28日に予定されていた石油輸出国機構(OPEC)加盟国と
非加盟国の協議が中止となったことが伝わり、30日のOPEC総会で
減産合意は微妙な状況となったことを受けて、リスク選好的なドル買い・
円売りは一服となり、112円台半ばまで緩む局面がありました。

テクニカルで見ると、一目均衡表では三役好転が続いており、
ドルの上昇トレンドが明確な動きとなっています。
昨年6月の高値125円85銭から本年6月の安値99円までの
押しの50%戻しである112円50銭水準をクリアーに上抜けたことで、
61.8%戻しである115円70銭水準が視野に入ってきています。

もっとも、短期的には急激に買われすぎていることも事実で、
日足ベースのRSIは2012年からのドル上昇局面と比較しても
最高値となっており、短期的な調整の可能性が示唆されています。

今週もドル/円は底堅い動きを続けそうで、短期の調整が入ったとしても、
押し目買いを待っている市場参加者が多いために、
下値は限られたものとなってしまいそうです。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes