TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/11/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/11/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/11/7)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では朝方こそ米大統領選での
クリントン候補勝利を織り込む様にドルが堅調に推移したものの、
その後は市場の大方の予想に反してトランプ候補が優勢となり、
金融市場では株価や原油価格などリスク資産が売られる
「トランプ・ショック」に見舞われ、ドルも大きく下落しました。
東京午後には、米紙ニューヨーク・タイムズが
トランプ氏の当選確率が9割といった報道も伝わり、
ドルは一時101円19銭まで下落しました。

この急落時には、ボリンジャーバンドの下抜けと、
急激なバンドウォークの発生が確認できます。

しかし、欧州時間になると一転してドルの買戻しの動きが強まり
103円台を回復する動きとなりました。
MACDを見ても欧州時間に買い転換していることがわかります。

その後NY時間に入っても、米大統領選挙が終わったことで
不透明感が後退したことや、大統領に選出されたトランプ氏による
財政刺激策、減税、規制緩和に対する期待もあり、ドル買いが加速し
7月29日の高値を抜けて105円88銭まで上昇する動きとなりました。

昨日は、日足ベースでは陽線となっており、
今週に入ってのドル上昇基調が継続された形です。
今後は12月の米国の利上げが意識されることとなり、
ドルは堅調な地合を続けそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes