TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/11/8のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/11/8のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/11/7)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では米大統領選挙の
投開票を控えて様子見ムードが広がり、
方向感に乏しい小幅な値動きに終始しました。
日経平均の動きにつられて上下したものの、
104円台前半で20銭程度の値幅に止まっています。

欧州時間に入ると、米大統領選の開始を前にドル買いの
動きが強まり104円台後半へと上昇する動きとなりました。
この流れでボリンジャーバンドの上抜けをしましたが、
明確なバンドウォークは形成されませんでした。
ただし、MACDを見ると、既に買い転換が確認でき、
欧州・NY時間でのドル上昇を先取りする形となっています。

NY時間に入ると、一部報道で期日前投票の結果をもとに
米大統領選で民主党候補クリントン氏が優位であるとの見方を発表し、
これを受けて米債利回りが上昇すると、ドルは買い優勢となり
105円を突破し、105円19銭と10月31日以来の高値をつけました。
このドル上昇で、ボリンジャーバンドも明確に
バンド幅を拡大し、バンドウォークを形成しています。

米大統領選の開票は日本時間本日午前8時から始まり
大勢は昼には判明するとみられており、クリントン候補勝利であれば
ドル高基調は継続しますが、マーケットがクリントン候補勝利を
織り込んできているため、トランプ候補が勝利した場合のショックは大きく、
ドルが急落する可能性があることには注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes