TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/10/31のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/10/31のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/10/31)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、先週末にクリントン米大統領候補のメール問題で
急落した流れを受け104円台前半でのスタートとなりました。
しかし、大統領選ではクリントン候補優位に変わりがないとの見方が強く、
急落の反動もあって、ドルはじりじりと値を戻す動きとなりました。

ボリンジャーバンドも収縮に入り、調整の流れとなったことを示しています。

欧州時間に入ってもドルは底堅い動きを続け、NY時間に入ると
10月28日発表の米7~9月期国内総生産(GDP)が予想を上回ったことで
年内利上げを織り込むドル買いが続き、105円23銭まで上昇しました。
しかし、その後は原油価格が下落したことでリスク・オフの流れとなり
ドルは伸び悩みで104円台に押し戻されて引けています。

本日は日銀・金融政策決定会合の結果発表を控えて
様子見姿勢が強まる可能性が高いようです。
市場では、日銀は金融政策を現状維持とするものの、
展望レポートで物価見通しの下方修正と、2%物価目標の
達成時期見通しが先送りされる可能性が高いと予想されています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes