TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/10/12のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/10/12のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/10/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、アジア時間は103円半ばで小幅な動きが続きました。
米金利上昇を支えに底堅い動きとなったものの、米企業決算や
米大統領選挙をめぐる不透明感などからリスク回避ムードも根強く、
上値の重さが意識されたとの指摘があります。

ただし、テクニカルで見ると、東京時間朝方にMACDが買い転換しており、
その後のドル上昇を示唆する形となっていたことが確認できます。

海外時間に入ると、ドルはじりじりと上昇し、
NY時間では9月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の発表前に、
内容がタカ派的になるとの思惑からドルが買い進まれ、
104円48銭の高値をつけました。

この上昇で、ボリンジャーバンドの上抜けとバンドウォークが発生しましたが、
発表された議事録で「利上げの根拠が強まった」としながらも、数名が
下方リスクの存続に触れて「物価が目標に近づくまで利上げは待つべき」と
主張したことが明らかになったことでドルは伸び悩み、
バンドウォークも短時間で終了する形となっています。

節目であった9月2日の高値104円32銭を一時上抜けたものの、
NY市場後半には反落しており、上昇の勢いを感じさせない動きとなっています。
しかし、この水準をクリアーに上抜けた形となれば7月29日の高値105円63銭を
目指す動きが強まると思われるため、本日の動きに注目したいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes