TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/26のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/26)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間に101円台を回復する局面があったものの、
海外時間以降徐々に軟化する動きとなりました。

日銀の黒田東彦総裁の講演・会見における発言で、
「2%の物価目標達成に向けて利用可能なあらゆる手段を行使する姿勢を示す一方、
当面は国債買い入れ規模が大幅に増減することはない」と述べたことで
円を大きく押し下げる措置は今後も打ち出されないとの見方が強まったことや
ドイツ銀行の経営不安再燃で金融関連株を中心に欧米株価が全般に下落し、
投資家のリスク回避姿勢が強まったことなどが円買いの要因との指摘がありました。

また、NY時間では米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官と
共和党候補ドナルド・トランプ氏による第1回テレビ討論会を夜に控えて、
次第に様子見姿勢が強まったことから、NY午後にかけては
100円台前半での小動きとなっています。

テクニカルで見ると、欧州時間初めにボリンジャーバンドの下方ブレイクと
バンドウォークが起きているものの、NY午後にはアッパーバンドの反転により下落トレンドの
終わりが示されており、このまま100円を割れていくには勢いが弱いように見えます。
また、RSIも売られ過ぎ水準から反発しており、東京時間では
新たな材料が出ない限り急激な円高は避けられそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes