TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/26)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間朝方に100円付近まで下落する場面があったものの、
米国の大統領候補者討論会でクリントン氏が優位との受け止めが広がると、
ドルを買い戻す動きが強まり、101円手前まで上昇しました。

この流れでボリンジャーバンドを上抜けしたものの、バンドの拡大は伴わず
一過性の動きで、その後徐々にドルは反落する動きとなりました。
バンド上抜け時には、既にRSIは反落を始めており、
101円トライの動きは生きすぎだったことが示唆されています。

海外時間に入ると、ドイツ銀行の先行き不安から欧州株が売られ、
リスクオフの流れから円が買い戻される展開となりました。
また、原油価格の下落もリスク回避のムードを高めたとの指摘もあります。
ドル/円は、100円19銭まで下押したものの、100円割れの勢いはなく、
米国の9月消費者信頼感指数が9年ぶりの高水準となったこと、
9月サービス業PMI速報値が4月来の高水準に達したことなどが好感され
ドルが買い戻され100円半ばでNYを引けています。

トレンドは依然下向きとなっていますが、100円のサポートが強く、
本日も100円台での小動きが続く可能性が高いように思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes